【多くの人が患っている生活習慣からなる逆流性食道炎って、どんな症状? 改善するの?】

私が夫君の駐在でシンガポールにいた時。

夫君は、朝早く出勤し夜9時頃に帰宅し、それから夕飯を食べる。

当初は全然問題なく、夕飯食べて晩酌もして寝る。

朝は胃もたれしていて食べられない・・・

でも、夫君は全然平気で朝ご飯も食べていく。胃が丈夫。

そんな日々が数か月経ったある日。

口の中に酸っぱいものが上がってくる。

一体これは何? 喉もピリピリした感じが・・・

胃が重い感じと時々痛みも。

その時は、赤🍷の飲み過ぎかと思っていました。

余りにも続くので病院へ

胃の検査をしたところ、食道が荒れていますよ。と

逆流性食道炎」ですねと・・・

医師の説明によると

夜遅くに食べてすぐ寝てしまうと、

胃から食道へ胃酸が逆流してしまうとの事。

薬を処方され一安心。

ただ、それだけでは改善しないんです。

改善策とは

1.9時以降の食事は控える。
無理な時は、消化に良いものか、少量だけにする。

2.食べてすぐのお風呂は控える。
入浴により血液が体表に集まり、胃腸の血液循環が悪くなり胃液の分泌、
胃腸の運動が止る。その結果、食物の消化吸収が不良となる。

3.食事を夜型ではなく朝型へ変更
夜にしっかりではなく、朝と昼にしっかり食べるようにする。
朝は一日のエネルギをチャージしないと、ガス欠状態に。
車と同じですよ。

 

上記のことを少しづつ変えていくことで、私の逆流性食道炎は

改善していきました。

夫君は、夜にしっかり食べても平気な人。

かなり消化が良いのだろう。

朝も夜もしっかり食べられるのは羨ましい~💓

コメント