【インドネシアの体験談 初インドネシア ジャカルタ到着で驚きの連続 自由な刑務所暮らし?】

私がインドネシアのジャカルタに着いたのは夜遅く。

空港で若いポーターのお兄ちゃんがやたら寄ってきて

私の荷物を持って行こうとする。 あらら・・荷物が。

そう、チップがお目当て。その当時だと何十円くらいでした。

来た当時は、夫君の上司達がインドネシアの環境に慣れないのではと

心配していたのですが、まあ、馴染むのが早いというか🍺があれば

どこでもOK。ついたその日から🍺を飲み、上司達も唖然 😯

1か月で6kgも太ってしまった。あちゃ~ 🙁 

夫君は単身で1年前にインドネシアのジャカルタへ赴任。

私も行くことになった時、最初に夫君が言ったことを今でも覚えている。

「どこにでも自由にいけるから、好きなことしていいよ」

私はそれを信じていざインドネシアへ。

着いたその日は夜だったので気が付かなかっけど、

朝、起きてビックリ仰天‼ 大きな大きな御殿のような一軒家。
(この写真はイメージ)

ドアには鍵が3個、窓には鉄格子、塀にはバラ線とガラスの破片が

埋め込んである。

外が見えない様になっていて、まるで刑務所。

ここで私は暮らしていくのかと絶望的に・・・

会社が雇っているメイドさんと会話が成り立たず、

ジェスチャーで。(インドネシア語が全く分からない?)

夫君と上司達は、朝6時に出勤して帰りは夜の9時過ぎ。

それから夕飯。夕飯作りをメイドちゃんと一緒に。

料理苦手な私は苦痛だった。

夜遅くに食べて、🍺飲んでたら、そりゃ太るよね。

実は、🍺を飲むことしか楽しみがなかった。

一人で出歩いてはダメ。どこに行くにもメイドちゃんと一緒。

買い物に行くのに、バジャイ(オート三輪)という乗り物で。

平日は、この乗り物でお買物。

後で日本人の奥さんがバジャイに

乗るなんてあり得ないことを知る。

日本食スーパーの前には、大勢の男性達が立って入り口を見ている。

怖い! この人たち何なの? 視線が怖すぎ!

土、日曜日は、上司達と昼からホテルや日本食店で🍺付きランチ。

夜は、ブロックM(歌舞伎町のようなところ)で飲み会。

いつも連れていかれ、女の子を指名することに。これがシステムらしい。

この当時はバンバンボトルがサービスされ、私はガンガン飲んだので

重宝がられていました。

しかし、後で日本人の奥さんが出入りするなんてあり得ないことを知る。

その当時はNHK worldもなく、インドネシア語か英語のTVを観ていた。

インドネシア語を勉強しながら、日本のお友達やお世話になった

方々へ手紙をせっせっと書いておりました。

🍺の飲める刑務所にいますよと・・・

日々、鉄格子を観ながらの生活は辛かったが、

土日だけはシャバに出た感じで、気持ち良かった~ 🙂

まだまだ体験談は続きます。

 

 

コメント